さりどころ‐な・し【避り所無し】 の意味

  1. [形ク]《逃れる場所がない意から》逃れようがない。弁解の余地がない。
    • 「罪―・く、うしろめたけれ」〈夜の寝覚・二〉