出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《動詞「さり」(ラ変)の連用形+連語「ぬべし」》
  1. そうであるはずだ。適当である。

    1. 「―◦べき物やあると、いづくまでも求め給へ」〈徒然・二一五〉

  1. 相当である。身分がよい。

    1. 「―◦べからむ人の娘などは」〈・二四〉