出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「さるたひこのかみ」とも》日本神話の神。瓊瓊杵尊 (ににぎのみこと) の降臨に際し道案内をした怪異な容貌の神。のち、伊勢国五十鈴川のほとりに鎮座したという。日本書紀では衢 (ちまた) の神とされ、中世には、庚申信仰や道祖神と結びついた。