出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 中世・近世の建築物で、開き戸を開いたまま壁や柱などにつなぎ留めておく金具。あおり止め。

  1. 猿をつなぐように人を後ろ手に縛り、木などにつなぐこと。

    1. 「締め付け、捻ぢ倒し、一人も洩らさず―」〈浄・会稽山