出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接](前に述べた内容を受けて、さらに説明を加えるときに用いる)
  1. それは。それというのも、実は。

    1. 「いとあはれにかなしう侍るなり。―、おのれが女 (むすめ) とも申さじ、いみじううつくしげに侍るなり」〈宇治拾遺・一〇〉

  1. それがしかも。そのうえ。

    1. 「聞き伝ふるばかりの末々は、哀れとやは思ふ。―、跡とふわざも絶えぬれば」〈徒然・三〇〉

  1. そうではあるが、実は。しかし、実のところ。

    1. 「―、かしこにこそよき物は侍らめ」〈宇津保・忠こそ〉