出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接]

  1. そうするうちに。やがて。

    1. 「―、げに世の中に許され給ひて、都に帰り給ふと、天の下の喜びにてたち騒ぐ」〈・蓬生〉

  1. 話かわって。さて。ところで。

    1. 「―、鬼界 (きかい) が島の流人ども」〈平家・二〉

  1. さてもさても。それにつけても。

    1. 「―三人は雑言ゆゑに、あたら身をうしなひ」〈浮・武家義理・三〉