出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接]《動詞「さ(然)り」の已然形+接続助詞「ど」から》前述の事柄を受けて、相反する内容であることを表す。そうではあるが。しかし。
  • 「文三は駭然 (ぎょっ) としてお勢の顔を目守 (みつめ) る。―此方 (こなた) は平気の体 (てい) で」〈二葉亭浮雲