出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ下一][文]さ・る[ラ下二]《動詞「する」の未然形+助動詞「れる」から》
  1. 「する」の尊敬の意を表す語。「先生が旅行を―・れるそうだ」

  1. 「する」の受身の意を表す語。「子供にいたずらを―・れる」

[補説]現代の口語文法では、「さ」をサ変動詞「する」の未然形の一とし、それに助動詞「れる」の付いたものとしている。