出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 江戸時代、遊里で三味線や太鼓ではやしたててうたったにぎやかな歌。転じて、広く宴席でうたう歌。

  1. 歌舞伎下座音楽の一。揚屋・茶屋などの場面で、酒宴・遊興の騒ぎを表すもの。大鼓・小鼓または太鼓のにぎやかな囃子 (はやし) を伴う。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉