出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ガ五(四)]《上代は「さわく」》
    1. ㋐やかましい声や音を立てる。「子供が―・ぐ」

    2. ㋑ざわざわと音を立てる。「白波が―・ぐ」

  1. 多くの人が一緒になって反対したり、要求・不平を訴えて叫んだりして、不穏な事態が起きる。騒動になる。「判定をめぐって観衆が―・ぐ」

  1. 酒宴などでにぎやかに遊ぶ。「芸者をあげて―・ぐ」

  1. 落ち着きを失って冷静さに欠けた言動をみせる。あわてる。うろたえる。「今さら―・いでもどうしようもない」

  1. 不安や驚きなどのため気持ちが高ぶったり乱れたりする。「なんとなく胸が―・ぐ」「血が―・ぐ」

  1. (多く「さわがれる」の形で)人々がさかんにもてはやす。評判にする。「環境問題が―・がれる」「マスコミが―・ぐ」「アイドルとして―・がれた俳優」

  1. 忙しく立ち働く。

    1. 「そを取ると―・く御民も家忘れ」〈・五〇〉

[可能]さわげる

出典:青空文庫

出典:gooニュース