出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動][文][ナリ]《歴史的仮名遣いは「さわやか」とも》
  1. 気分が晴れ晴れとして快いさま。さっぱりとして気持ちがよいさま。「朝の爽やかな空気」「爽やかな人柄」 秋》「―に日のさしそむる山路かな/蛇笏

  1. はっきりとしていて聞きやすいさま。「爽やかな声」「弁舌爽やかに話す」

  1. 思い切りのよいさま。

    1. 「さして厭はしき事なき人の、―に背き離るるも」〈・鈴虫〉

  1. きれいで鮮やかなさま。

    1. 「馬、物具まことに―に勢あって出で立たれたり」〈太平記・一四〉

[派生]さわやかさ[名]

出典:青空文庫

出典:gooニュース