出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. さわること。また、触れた感じ。感触。多く他の語と複合して「ざわり」の発音で用いられる。「手触り」「舌触り」「肌触り」

  1. 人に接したときの感じ。人あたり。

    1. 「女のたちが、少し私には―が冷たいからだろうか」〈三重吉・桑の実〉

  1. 《他の節 (ふし) にさわっている意》義太夫節で、義太夫節以外の他流の曲節を取り入れた部分。

  1. 義太夫節の一曲の中で、一番の聞きどころとされる箇所。

  1. 4から転じて》広く芸能で、中心となる見どころ・聞きどころ。また、話や文章などで最も感動的、印象的な部分。「小説の触りを読んで聞かせる」

  1. 三味線の音響装置。また、それによって出る音。上駒 (かみごま) から約1センチ下までの棹 (さお) の表面を浅く削り、一の糸を上駒から外して軽く触れるようにする。複雑なうなり音を生じる。

[補説]5について、文化庁が発表した平成19年度「国語に関する世論調査」では、「話のさわりだけ聞かせる」を、本来の意味とされる「話などの要点のこと」で使う人が35.1パーセント、本来の意味ではない「話などの最初の部分のこと」で使う人が55.0パーセントという逆転した結果が出ている。

出典:青空文庫

出典:gooニュース