さん【算】 の意味

  1. 昔、中国から渡来した計算用具。長方形の小さい木片。
  1. 占いに用いる算木 (さんぎ) 。また、その占い。
  1. 計算。勘定。「算が合う」「つるかめ算」
  1. はかりごと。もくろみ。計画。
    • 「胸中予 (あらかじ) めこの―ありけん」〈鏡花・琵琶伝〉
  • 名詞

さん【算】の慣用句

  1. 算無し
    • 数えきれないほど多い。数限りもない。
  1. 算を置く
    • 算木を並べて占う。
    • 算木で計算する。
      「手づから終夜―・きける」〈愚管抄・五〉
  1. 算を散らす
    • 算木をばらばらにする。ちりぢりばらばらになる。算を乱す。
      「海には兵船数万艘を浮かべて―・せるが如く」〈盛衰記・三六〉
  1. 算を乱す
    • 算木を乱したように、ちりぢりばらばらになる。散乱する。算を散らす。
      「机だの、卓子(テイブル)だの、―・した中を拾って通った」〈鏡花婦系図