出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ほめたたえること。また、その言葉。「バッハ―」

  1. 漢文の文体の一。人物や事物をほめる際の文章。多く、4字1句で韻を踏む。

  1. 画面の中に書きそえた、その絵に関する詩句。画賛。

  1. 仏・菩薩 (ぼさつ) の徳をたたえる言葉。

  1. 論評。批評。

    1. 「出口の茶屋に腰掛けながら、朝帰りの客に―付くるに」〈浮・諸艶大鑑・一〉

[文学/その他の文学の言葉]カテゴリの言葉

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉