出典:デジタル大辞泉(小学館)

コロンビア南西部、マグダレナ川源流域にある遺跡群。紀元前6世紀から12世紀にかけて作られた、丸みを帯びた人物や動物の石像が数多く残る。1995年、「サン‐アグスティン遺跡公園」の名で、世界遺産(文化遺産)に登録された。