出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]非常に哀れでもの悲しいこと。また、そのさま。「哀切を極めた物語」
  • 「子供のほしい女の―な願望も強いようだった」〈康成・山の音〉
[派生]あいせつさ[名]

出典:青空文庫