出典:デジタル大辞泉(小学館)

算木を用いて占うこと。また、その人。易者。

「是へ―が参る。一算置かせうと存ずる」〈虎寛狂・居杭