さんがい‐ぶし【三階節/三界節】 の意味

  1. 新潟県柏崎地方の民謡。盆踊り歌。のち「米山 (よねやま) さんから雲が出た」の歌い出しで、座敷歌として流行。曲名は、同じ文句を3回繰り返すからとも、仏教の三界からともいう。
  • 名詞