さんがつ‐じけん〔サングワツ‐〕【三月事件】 の意味

  1. 昭和6年(1931)3月、日本陸軍の青年将校が企てたクーデター計画。宇垣一成陸相を首班とする軍事政権樹立をねらったが、計画不備などで未遂に終わった。