出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代の大名中、金沢の前田、薩摩 (さつま) の島津、仙台の伊達 (だて) の三家をいう。前田は禄高が大名中最高なので高柄、島津は源頼朝の血をひく名家なので家柄、伊達は農作物が豊かで国が富むので国柄と称された。

[日本史/江戸時代]カテゴリの言葉