さん‐きょ【散居】 の意味

  1. [名](スル)
  1. 散らばって住むこと。
    • 「本国の容子を探るの便を計らんとて国境に―したる一組」〈竜渓経国美談
  1. 孫に当たる者が当主になった時の、その隠居者の称。また、その住居。
  • 名詞

さん‐きょ【散居】の慣用句

  1. さんきょそん【散居村】