出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「ざんげざんげ」とも》

  1. 月山羽黒山などの霊山に参る行者などが唱える言葉。

  1. 歌舞伎下座音楽の一。江戸の世話物で、貧しい町屋の幕開きや小悪党の出入りなどに用いる唄。