出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. みっかの間。特に正月1日・2日・3日。三箇日 (さんがにち) 。

  1. 江戸時代、毎月朔日 (ついたち) ・15日・28日の称。式日とされ、諸大名・旗本などが麻上下 (あさがみしも) で登城した。御三日 (おさんにち) 。