出典:デジタル大辞泉(小学館)

三十六歌仙私家集の集成。特に西本願寺に伝えられる平安後期の古写本は、すぐれた書風と料紙や装本の美しさで美術史上重要なもの。→石山切 (いしやまぎれ) 

[文学/江戸時代までの作品]カテゴリの言葉

[美術・音楽/日本・東洋の美術作品]カテゴリの言葉