さんじゅうろっ‐かせん〔サンジフロク‐〕【三十六歌仙】 の意味

  1. 藤原公任 (ふじわらのきんとう) の「三十六人撰」に基づく36人のすぐれた歌人。柿本人麻呂大伴家持山部赤人猿丸大夫紀貫之壬生忠岑 (みぶのただみね) 在原業平素性 (そせい) 法師・坂上是則 (さかのうえのこれのり) ・藤原興風 (ふじわらのおきかぜ) ・源重之・大中臣頼基 (おおなかとみのよりもと) ・源公忠 (みなもとのきんただ) ・藤原朝忠・源順 (みなもとのしたごう) 平兼盛小大君 (こだいのきみ) 中務 (なかつかさ) ・藤原元真 (ふじわらのもとざね) ・僧正遍昭 (へんじょう) 小野小町紀友則凡河内躬恒 (おおしこうちのみつね) 伊勢・藤原敏行・藤原兼輔・源宗于 (みなもとのむねゆき) ・斎宮女御 (さいぐうのにょうご) ・藤原敦忠・藤原高光・源信明 (みなもとのさねあきら) ・清原元輔大中臣能宣 (おおなかとみのよしのぶ) ・藤原仲文・藤原清正・壬生忠見 (みぶのただみ) 。なお、これにならって、中古三十六歌仙・新三十六歌仙などもある。

さんじゅうろっ‐かせん〔サンジフロク‐〕【三十六歌仙】の慣用句

  1. さんじゅうろっかせんえまき【三十六歌仙絵巻】