出典:デジタル大辞泉(小学館)

三十六歌仙の肖像を描き、それぞれの略伝と詠歌1首とを書き添えた絵巻。鎌倉初期の作で絵は藤原信実、詞は九条良経と伝える佐竹本(2巻)が特に有名で、似絵 (にせえ) の技法による顔貌描写にすぐれる。