出典:デジタル大辞泉(小学館)

[終助]文末の助動詞「た」「だ」、禁止の意の終助詞「な」、質問の意の「か」、動詞の命令形などに付く。
  1. 親しみを込めて質問する意を表す。「何を悩んでいるんだい」「君も行くかい」

  1. 軽蔑したり、反発したり、詰問したりする意を表す。「何度言ったら分かるんだい」「なんだい、君らしくもない」

  1. 投げやりな気持ちやあきらめの意を表す。「勝手にしろい」「どうせ負けるに決まっているんだい」

  1. 念を押したり、語調を強めたりする意を表す。「じゃまをするない」「とっとと寝ろい」「絶対に海に行くんだい」→いのかいわい

[間助]体言、活用語の連体形に付く。上接の語を特に示したり、語調を強めたりする。
    1. 「青柳 (あをやぎ) の糸の細 (くは) しさ春風に乱れぬ―間に見せむ児 (こ) もがも」〈・一八五一〉

[副助]名詞、名詞に準じる語に付く。上接の語を特に示したり、語調を強めたりする。
    1. 「一日 (ひとひ) だに君―しなくは堪 (あ) へかたきかも」〈・五三七〉

[補説]は終助詞「よ」あるいは係助詞「や」の音変化という。多く男性がくだけた会話の中で用いる。は上代語。平安時代では漢文訓読体の文中にみられるだけである。をまとめて、間投助詞とする説や格助詞とする説などもある。