サンジョルジオ‐さん【サンジョルジオ山】 の意味

  1. San Giorgio》スイス南部、ルガノ湖の南にある小峰。標高1096メートル。魚類や海生爬虫類 (はちゅうるい) など、三畳紀中期の海洋生物の化石が多数出土していることから、2003年に世界遺産(自然遺産)に登録された。サンジョルジョ山。