出典:デジタル大辞泉(小学館)

[助動][さんせ・さんしょ|さんし|さんす・さんする|さんす・さんする|さんすれ|さんせ]《動詞「さんす」の助動詞化》動詞の上一段・下一段・上二段・下二段活用の未然形に付き、カ変動詞には連用形にも付く。丁寧の意を含んだ尊敬を表す。…なさいます。
  • 「絹の下帯かいてゐさんす」〈浮・一代女・二〉
[補説]近世前期、上方の遊女の用いた語で、元禄(1688~1704)ごろからは一般の女性も用いるようになった。→しゃんす