出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏教の世界観による広大無辺の世界。須弥山 (しゅみせん) を中心に日・月・四大州六欲天梵天などを含む世界を一世界として、これが千集まったものを小千世界、それが千集まったものを中千世界、さらにそれが千集まったものを大千世界といい、これらを総括していう。三千世界。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉