出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏語。体大・相大・用大 (ゆうだい) の称。人間の心の本体・すがた(相)・作用が、本来は広大無辺であることをいう。大乗起信論は、心の実体である真如を体大、その真如が無量の徳を備えることを相大、真如が人に善を行わせる作用を用大と説く。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:gooニュース