出典:デジタル大辞泉(小学館)

《もと「立ち合い」に対する語で、「居」は座ることの意》座った姿勢から瞬時に刀を抜き、敵を斬る剣技。元亀・天正(1570~1591)ごろ、奥州の林崎甚助重信に始まるといわれる。居合抜き。

出典:gooニュース