出典:デジタル大辞泉(小学館)

Basilica di Sant'Apollinare in Classe》イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市ラベンナの南郊にある教会。6世紀半ば、東ゴート王国の女王アマラスンタにより建造。ラベンナの初代司教聖アポリナリス(アポリナーレ)を祭る。内部後陣に黄金の十字架と3匹の白い羊を描いた荘厳なモザイクがあり、初期キリスト教美術の傑作として知られる。1996年、「ラベンナの初期キリスト教建築群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

[宗教・思想/キリスト教・ユダヤ教]カテゴリの言葉