出典:デジタル大辞泉(小学館)

Basilica di Sant'Apollinare Nuovo》イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市ラベンナにある教会。5世紀末、東ゴート王国のテオドリック大王によりアリウス派の教会として建造。6世紀半ばに東ローマ帝国への編入後、異端とされたアリウス派の装飾などが修正された。内部にはキリストの生涯や殉教者を描いた荘厳なモザイクがあり、初期キリスト教美術の傑作として知られる。1996年、「ラベンナの初期キリスト教建築群」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。