出典:デジタル大辞泉(小学館)

Cattedrale di Santa Maria Assunta》イタリア北東部、ベネト州の都市ベネチアトルチェッロ島にある教会。7世紀の創建。9世紀から14世紀にかけて増改築が繰り返された。ベネチア最古の教会の一であり、代表的なビザンチン建築として知られる。最後の審判、聖母子が描かれた天井と壁面のモザイクが有名。