出典:デジタル大辞泉(小学館)

フランス南西部、ヌーベル‐アキテーヌ地方、ジロンド県の都市ボルドー近郊の町。ボルドーワインの名産地の一。町の名称は8世紀の修行僧エミリオンがこの地で隠遁生活を送ったことに由来する。中世以来ワイン醸造が盛んで、広大なブドウ畑も含め、周辺の7市町村とともに、1999年、「サンテミリオン地域」として世界遺産(文化遺産)に登録された。