さんとう‐しゅっぺい【山東出兵】 の意味

  1. 昭和2~3年(1927~1928)三次にわたって、田中義一内閣が在留邦人保護の名目で中国山東省に出兵した事件。国民革命軍の北伐阻止を真の目的とし、第二次出兵のさいには済南事件を引き起こして中国の反日感情を増大させた。