出典:デジタル大辞泉(小学館)

フランス南部、プロバンス地方、ブーシュ‐デュ‐ローヌ県の町。町の名称は「海の聖マリアたち」を意味し、イエスの磔刑 (たっけい) 後、聖母の妹のマリア=ヤコブ、ヨハネの母マリア=ヨハネ、マリア=マグダレナ、従者サラらが小舟に乗ってこの地に流れ着いたという伝説に基づく。伝説ゆかりの教会や巡礼者の祭りがある。