出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 義太夫節時代物で、三段目の最終の語り場。ふつう五段からなる1曲の中心となる悲劇的場面で、一座の最高位の太夫が語る。

  1. 講談などの聞かせどころ。

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉