さん‐ぱち【三八】 の意味

  1. 数の3と8。また、日や月の3と8。
  1. 三八式歩兵銃」の略。
  1. 青森県南東部、岩手県との県境に位置する地域の通称。八戸 (はちのへ) 市と5町1村からなる。名は、三戸 (さんのへ) 郡の「三」と八戸市の「八」から。

さん‐ぱち【三八】の慣用句

  1. さんぱちしきほへいじゅう【三八式歩兵銃】
    • 明治38年(1905)に採用された旧日本陸軍の歩兵用小銃。口径6.5ミリ、最大射程2400メートルで5連発。