• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

さん‐ぱつ【散髪】 の意味

  1. [名](スル)
  1. のびた髪を刈ること。刈って髪を整えること。「一か月ごとに―する」
  1. 散髪脱刀令以後流行した男の髪形。ざんぎり。
  1. 元結を結わないで、ばらばらにしてある髪。散らし髪。

さん‐ぱつ【散髪】の慣用句

  1. さんぱつだっとうれい【散髪脱刀令】
    • 明治4年(1871)公布の、まげを切り、刀を差すのをやめることを認めた法令。 →断髪令廃刀令
  1. さんぱつや【散髪屋】
    • 床屋。理髪店。
  • さん‐ぱつ【散髪】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 欠火鉢からもぎ取って、その散髪みたいな、蝋燭の心へ、火を移す、ちろちろと燃えるじゃねえかね。

      泉鏡花「菎蒻本」

    • ・・・ お前もおれも何思ったか無精髭を剃り、いつもより短く綺麗に散髪していた。

      織田作之助「勧善懲悪」

    • ・・・自分は今散髪の職人をしているのだが、今度わけがあってせんに働いていた市岡の理髪店を暇取って、新世界の理髪店で働こうと思う。

      織田作之助「世相」