• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

さん‐ぼう〔‐バウ〕【三方】 の意味

  1. 《「さんぽう」とも》
  1. 三つの方向。三つの方面。
  1. 前と左右の三方に刳形 (くりかた) の穴をあけた台を方形の折敷 (おしき) につけたもの。ヒノキの白木製を普通とし、神仏や貴人に物を供したり、儀式のときに物をのせたりするのに用いる。三宝。→衝重 (ついがさ) ね
  • 名詞

さん‐ぼう〔‐バウ〕【三方】の慣用句

  1. さんぼうがくにん【三方楽人】
    • 近世、宮中に勤仕した雅楽家の三つの系統。すなわち、宮廷直属の京都方、興福寺所属の南都方、四天王寺所属の天王寺方の楽人の総称。
  1. さんぼうぎり【三方桐】
    • たんすなどの前と左右の三方に桐の材を用いること。また、そのたんす。→総桐
  1. さんぼうきん【三方金】
    • 書物の装丁で、天・地・前小口の三方に金箔を貼ったもの。「三方金の豪華本」
  1. さんぼうしょうけい【三方晶系】
    • 結晶系の一。長さの等しい3本の対称軸が互いに120度で交わり、その交点に1本の垂直な軸が交わる結晶軸をもつもの。電気石方解石などにみられる。
  1. さんぼうよし【三方良し】
    • 《「さんぽうよし」とも》「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」の三つの「良し」。売り手と買い手がともに満足し、また社会貢献もできるのがよい商売であるということ。近江商人の心得をいったもの。
  1. さんぼうろんぎ【三方論議】
    • 三人の者が互いに譲らない論争。
      「―の意地づくは」〈浄・百日曽我
  • さん‐ぼう〔‐バウ〕【三方】の例文

    出典:青空文庫

    • 三方崩れかかった窪地の、どこが境というほどの杭一つあるのでなく、折朽ちた古卒都婆は、黍殻同然に薙伏して、薄暗いと白骨に紛れよう。

      泉鏡花「燈明之巻」

    • ・・・ 導かるるまま、折戸を入ると、そんなに広いと言うではないが、谷間の一軒家と言った形で、三方が高台の森、林に包まれた、ゆっくりした荒れた庭で、むこうに座敷の、縁が涼しく、油蝉の中に閑寂に見えた。

      泉鏡花「二、三羽――十二、三羽」

    • ・・・店一杯に雛壇のような台を置いて、いとど薄暗いのに、三方を黒布で張廻した、壇の附元に、流星の髑髏、乾びた蛾に似たものを、点々並べたのは的である。

      泉鏡花「伯爵の釵」