出典:デジタル大辞泉(小学館)

名前に「房」の字を持つ、学問・和歌に秀でた三人の称。平安時代の藤原伊房 (ふじわらのこれふさ) ・藤原為房・大江匡房 (おおえのまさふさ) 。また、鎌倉末期から南北朝時代の吉田定房藤原宣房(万里小路宣房)・北畠親房

[文学/江戸時代までの作家・文学者]カテゴリの言葉