出典:デジタル大辞泉(小学館)

戦国武将の毛利元就が、子の隆元・元春(吉川氏に養子)・隆景(小早川氏に養子)に授けたという教え。一本の矢は容易に折れるが、三本まとめてでは折れにくいことから、一族の結束を説いた。三矢の教え。

[補説]史実ではなく、元就が発した三子教訓状が元となった逸話。教訓状は一族の結束を説くが、矢に関する記述はない。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代]カテゴリの言葉

[慣用句・ことわざ]カテゴリの言葉