出典:デジタル大辞泉(小学館)

Église Saint-Maclou》フランス北部、ノルマンディー地方、セーヌ‐マリチーム県の都市、ルーアンにある教会。15世紀に建造されたフランボワイヤンゴシック様式の傑作として知られる。中庭に面する柱には、疫病の死者を埋葬した中世の納骨堂の名残で、どくろの彫刻が施されている。