出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 中央に大きな門を、左右に小さな門を配した門。

  1. 禅宗伽藍 (がらん) の正門。古代寺院の中門に相当する。一般に二階造りの楼門で、楼上に釈迦・十六羅漢などを安置する。本堂を涅槃 (ねはん) に擬し、そこに到達するために通る空・無相・無願の三解脱門に擬する。のちには智慧・慈悲・方便の三つに擬していう。

  1. 経典注釈に用いる三つの視点。未意・釈名・本文解釈の三つ。

  1. 教・律・禅の称。

出典:青空文庫

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉

出典:gooニュース