さんもん‐ばん【三文判】 の意味

  1. 安物の印判。出来合いの粗末な印判。
  • 名詞
  • さんもん‐ばん【三文判】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・そして筍の皮を剥ぐように幾枚もの紙を剥がすと真黒になった三文判がころがり出た。

      有島武郎「カインの末裔」