出典:デジタル大辞泉(小学館)

落語家。

(初世)[1768~1838]江戸後期の落語家。江戸の人。通称、橘屋松五郎。烏亭焉馬 (うていえんば) に師事。三遊派の祖で、芝居噺 (ばなし) の創始者。
(6世)[1900~1979]大阪の生まれ。本名、山崎松尾。多彩な芸と都会的な語り口で人気を得る。昭和40年(1965)から昭和47年(1972)まで落語協会会長。昭和53年(1978)、落語協会を脱退し、落語三遊協会を設立。得意の演目は「子別れ」「品川心中」など。