さんよう‐だて【算用立て】 の意味

  1. 帳簿などを計算しなおして収支を検査すること。
    • 「前髪もある私が親ほどな山城屋、―も申しにくし」〈浄・淀鯉〉
  • 名詞