さん‐りょう【山陵】 の意味

  1. 山と丘。
  1. 君主の墓。天皇・皇后などの墓。みささぎ。御陵。
  • 名詞

さん‐りょう【山陵】の慣用句

  1. 山陵崩る
    • 《「戦国策」秦策から》君主の崩御をいう。
  1. さんりょうし【山陵使】
  1. さんりょうぶぎょう【山陵奉行】
    • 江戸末期の幕府の職名。山陵2の管理・補修などにあたった。
  • さん‐りょう【山陵】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・あるいは「向柏原山陵、申謝風水之ふうすいのわざわいをしんしゃせしむ」といったようなその時代としては適当な防止策が行われ、また最も甚だしく風水害を被った三千百五十九家のために「開倉廩賑給之」という応急善後策も施されている。

      寺田寅彦「颱風雑俎」